二東酒造

豊かな自然に恵まれ、天然岩盤水で有名な白雲渓谷(朝鮮王朝時代に王に献上する酒を醸造していた場所)に「二東マッコリ」の製造工場があります。
二東酒造は二東地域を代表するブランドとして、常に均一の味を維持するために独自の製造工法を用いています。この工法によって外気温変化による影響の低減、水分の自動調節、純粋な酸素による麹の熟成が可能となります。
また昔から伝わる甕を使用した伝統熟成技法により、一般のマッコリ製造に使用される鉄製タンクに比べて微生物が発酵に必要な新鮮な空気を吸収しやすく、よりよい熟成が促されます。この自然な熟成が他のマッコリとの一番の違いであり、それにより酸味・苦味・ひんやりとしたうまさがほどよく調和した深くコクのある飲み口とさっぱりとした後味が生まれます。
日本のみなさまにも韓国伝統のマッコリ本来の美味しさを味わっていただくため、二東酒造は味と品質にこだわり伝統の味を守ることに最善を尽くしています。

“二東マッコリ”ブランドの由来

「二東マッコリ」は、清らかで豊かな自然に恵まれた環境と、標高903mの白雲山から湧き出る「玉水」と称される澄んだ岩盤水をもとにつくられるマッコリの産地として有名な韓国京畿道抱川市二東面で醸造されることからついた名前です。
1957年、二東酒造の前身であるハンイル濁酒がこの地域に伝わる伝統的な方式でマッコリ生産を開始したところ、“二東地域でつくるマッコリ”ブランドとして全国的に有名になりました。

二東マッコリが有名になった理由

「二東マッコリ」が全国的に知られるようになったのは、1960年代頃から抱川市二東面近郊に位置する軍部隊に納入されることになり、兵士たちが「二東マッコリ」を嗜んだのがはじまりです。その後除隊して二東地域を離れ全国各地に散らばった元兵士たちが、その味を忘れられずに各地で「二東マッコリ」を求めたため韓国中で需要が高まりました。こうして国民的な人気を得た「二東マッコリ」はマッコリを代表するブランドです。

製造の原則

私たちの祖先は、酒を仕込むには原料の選択、麹をつくるタイミング(現在のように人為的に温度調節が出来なかったため)、酒を仕込む時の衛生管理(雑菌の防止)、良質の水(汚染の防止)、清潔な容器の使用(汚染の防止)、温度管理等の「六材」が重要とし、文明の発達した現在でもその原則は変わることがありません。

水へのこだわり

「二東マッコリ」の醸造所は、朝鮮王朝時代に王に献上する酒を醸造していた場所にあり、清涼な水と空気で有名な韓国抱川の白雲渓谷の地下200mから湧き出る「玉水」と称される天然岩盤水を使用して造られたE-DONマッコリは、新鮮ですっきりとした味わいに仕上がっています。

かめへのこだわり

E-DONマッコリの美味しさの秘密は、他でもなく伝統方式のかめにあります。 マッコリが呼吸できるかめを使用することで、マッコリの熟成に適切な温度や酸素を十分に供給し、理想的な熟成発酵を促します。
このようなかめを使用した自然発酵により、一般のマッコリ製造に使用される鉄製タンクでは表現できない「深い味わい」と「コク」のあるマッコリに仕上がります。